間接照明とは

間接照明とは?|間接照明テクニックと商品ガイド

間接照明とはどんなものなの?

間接照明とは、光源が直接見えず、光を壁や天井に反射させたり光を拡散させたりするなど、反射・拡散による光を利用して広い範囲を照らす照明方法を言います。

 

反対に、反射・拡散させないで、光源が直接対象物を照らす方式の照明方法を直接照明と言います。

 

間接照明は、直接照明とは違い、物を見るための照明ではなく「空間を見るための照明」という言い方がふさわしいです。

 

光源からの直接の光ではなく、反射・拡散した光は柔らかくなり、リラックス感のあるムーディーな雰囲気を演出してくれます。

 

ただし、仕事場や勉強をする場所では、暗くなりすぎますので間接照明はふさわしくありません。

間接照明のタイプとは?

間接照明にはどんなタイプがあるのでしょうか。大きく分けて4つのタイプの間接照明があります。

 

フロアスタンドタイプ照明

フロアに置くスタンドタイプの間接照明です。インテリア性が高く、読書や雰囲気のある部屋作りに役立ちます。
もっともお手軽でコストのかからないタイプです。

天井吊り下げタイプ照明

天井から吊り下げて使うタイプの間接照明です。向きの傾きが調整できるものも多く、直接照明としても使用できます。
オシャレなデザインも多く、空間演出にも効果的です。

スポットライトタイプ照明

部屋の一部やインテリアなどに強い光で局所的に照らし出すタイプの間接照明です。
絵などを照らすとグッとオシャレ感がアップします。

壁面取り付けタイプ照明

壁や柱に取り付けるタイプの間接照明です。メイン照明と合わせてコーディネートすることにより、インテリアの統一感が生まれます。
ただし組み込みの工事や配線の工事等が必要になりますので、大がかりになりコストがかかりやすいことがマイナスポイントです。

 

お手軽にモテ部屋にするなら、おすすめはフロアスタンドタイプ
あまりコストをかけることなく導入できることがおすすめの一番の理由。
それでいて、部屋の隅にスタンドタイプの照明を置くだけで雰囲気を一気に変えることができます。

間接照明の効果とは?

間接照明の効果はいろいろありますが、主なものをあげると次の3つの効果があります。

  1. リラックス効果
  2. 空間効果
  3. インテリア効果

間接照明の効果の詳しくは間接照明の効果を参照ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集