間接照明テクニック

間接照明テクニック|間接照明テクニックと商品ガイド

間接照明 5つの基本テクニック

部屋の雰囲気を一気に変えられる間接照明について、5つの基本テクニックをご紹介。

 

天井を照らす

天井を間接照明で照らすことで天井から部屋全体に光が拡散します。天井側は淡く明るく、足元はやや暗めとなり、部屋全体を落ち着いた雰囲気にしてくれます。
リラックス感を高めて部屋のムード作りにも高い効果があります。

 

壁を照らす

壁を間接照明で照らす事で、光で照らされている部分と照らされていない部分で濃淡が出ることで部屋に立体感を生みます。また視線を光で照らされている部分に集める効果もあります。

 

影を作る

観葉植物などに間接照明を照らして影を作り出すテクニックです。下から天井に向けて観葉植物を照らすことで、部屋に立体感を生むことが出来ます。間接照明+観葉植物でリラックス感もアップします。
※観葉植物に照明器具を近づけ過ぎないように注意しましょう

 

スポットで照らす

スポットライトなどで壁の一部を照らすテクニックです。一か所にフォーカスすることで、その場所に視線を集めることができます。絵画などを壁に掛けておき、そこをスポットライトで照らすことでその絵画を際立たせることができます。
※熱を発する光源の場合、絵画に照明器具を近づけ過ぎないように注意しましょう

 

空間を照らす

部屋のスポットだけを照らしたり部屋の隅を暗い状態にすることで部屋に奥行きが生まれます。光源を部屋の隅に置き離れた天井を照らすようにすることでより広く空間を認識することができます。

間接照明の応用テクニックでモテ部屋に

間接照明は、部屋全体を照らさず部屋の一部を照らすことが可能になります。そのため間接照明を利用することにより視線のコントロールが出来ます。

 

人は暗いところよりも明るいところに自然と視線が動きます。部屋のあまり見せたくない部分を暗くすることでその場所から視線を外しやすくしたり、逆にオシャレな絵画を壁にかけスポットライトで照らすことで注目をさせたり、といったように相手の視線をコントロールしやすくなります。

 

 

これらの部屋の明暗を間接照明で作りだすことで部屋を実際以上にオシャレに見せることも出来るようになります。

 

センスも求められるとろこですが、いろいろな事を試しながら自分に合った間接照明のテクニックやコツをつかんで、モテ部屋作りを楽しんでください!

 

【部屋別の間接照明テクニック】
  リビングで役立つ照明テクニック
  寝室(ベッドルーム)で役立つ照明テクニック
  ダイニングで役立つ照明テクニック


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集