明るさの単位

光の明るさの用語・単位|間接照明テクニックと商品ガイド

光の明るさの用語・単位

光の明るさを表す用語・単位はいくつかありますが、それぞれが示す意味は大きく異なります。
このページでは、それらの用語・単位はどのような意味なのか、どのような理解すれば良いのかを解説していきます。

 

光束(ルーメン)

光束とは、ある光源の光の量を人間が感じる明るさで表現したものです。単位はルーメン(lm)。照明器具の仕様書には、全方向に放射される明るさとして「全光束」と記載されることもあります。1ルーメンを1uに照射すると、その場所の平均光量は1ルクスになります。
一般的にはこのルーメンの値が高い光源ほど明るい光源といえます。

 

照度(ルクス)

照度とは、ある光源の光が面に照射されたとき、どれくらいの光の量がその面に到達しているかを、人間が感じる明るさで表現したものです。単位はルクス(lx)またはルーメン毎平方メートル(lm/u)。
一般に直射日光が約10万ルクス、部屋の窓際で2千ルクス程度、明るいオフィスで4百ルクス程度の照度があるとされています。

 

光度(カンデラ)

光度とは、ある光源からある方向に放射された単位立体角あたりの光の強さを人間が感じる明るさで表現したものです。単位はカンデラ(cd)。
一般に、輝度が高い光源ほど、同じ全光束(ルーメン)の光源よりも明るく感じられます。

 

輝度(カンデラ毎平方メートル)

輝度とは、ある方向から見た光源または光源によって照らされた面の面積を光度で割って人間が感じる明るさとして表現したものです。単位はカンデラ毎平方メートル(cd/u)。
輝度は単位で表わされているとおり、光源の面積あたりの明るさを表しています。よって、輝度が高くて面積の広い光源であるほど明るいことになります。

間接照明関連ページ


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集