リビングの照明テクニック

リビングで役立つ間接照明テクニック

リビングは多目的な空間演出に対応を

くつろぎや団らんの場としてみんなが集まるリビングルームの照明は、テレビを見たり、音楽を聴いたり、読書をしたり、時にはお客様をお招きしたりと多目的に使われる空間です。

 

天井にシーリングライトを設置するというだけでなく、いくつかの照明を組み合わせシーンに合わせて空間演出ができるような照明選びがおすすめです。

 

部屋全体を一灯のみで明るくするのではなく、ダウンライトや光の位置や角度が自由に調節できるスポットライトなどで目的別のあかりを足し算し、人が自然と集まりたくなる雰囲気をつくり、居心地のいい空間を演出しましょう。

リビングには主照明+間接照明がおすすめ

リビングは家族みんなが集まる場所ですので、やはり主照明はシーリングライト(天井照明)になります。特にお子さんのいる家庭では、テレビを見たり本を読んだりすることも多く、間接照明だけでは十分な光量を確保できないこともあります。

 

そこでリビングにおすすめする照明の設置方法は、シーリングライトを主照明として、プラスして間接照明を用意する方法です。

 

主照明+補助照明で明るさを調整することで、空間演出に幅が広がります。

 

例えば、

  • 子供と一緒に一家団欒するときには、しっかり主照明のシーリングライト(天井照明)で、
  • 映画の世界にずっぽりと入り込みたいときには、テレビ脇のスタンドライト(間接照明)で、
  • 夫婦やカップルでゆったりとお酒や会話を楽しみたいときには、ソファー脇のフロアライト(間接照明)で、

シーンに合わせて空間を演出することで、いつもの部屋が素敵な空間に変化します。

リビングにおける間接照明テクニック

間接照明は、当て方だけでなく光の色や明るさの選び方次第で、部屋がさまざまな表情に変化します。

 

天井や壁を明るく照らすことで、空間に広がり感や奥行き感を持たせたり、スポットで絵や観葉植物などを照らして部屋にメリハリをつけたり、部屋のコーナーやソファの後ろなどにあかりを隠して設置することで低い位置からの間接照明でくつろぎ感が広がります。

 

また廊下の照度を下げて少し暗めにし、リビングの照度をあげて廊下より明るくすると、リビングが開放的に見えます。

 

光源を直接目に入れず天井や壁などに反射させることによって生まれる穏やかで温かみのある間接照明のオレンジ色の柔らかい光は、副交感神経に作用して、気持ちを落ち着かせ、心地よいリラックス状態を作ってくれます。

 

リビングルームで読書やパソコン、手元を照らす作業などをする場合には十分な明るさが必要で、間接照明だけでは明るさが足りないため、光源の光を直接あてる白熱灯や蛍光灯などの明るい光源が効率が良く向いています。

 

間接照明を利用し部屋を広く印象的な空間にしながら、TPOに合わせ直接照明を上手に取り入れ使い分けましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集