寝室の照明テクニック

寝室(ベッドルーム)で役立つ間接照明テクニック

人生の三分の一を占める寝室(ベッドルーム)は大切な空間

寝室(ベッドルーム)は、就寝前にリラックスしてよい眠りに入る準備をし、眠りを誘い、ぐっすり眠って一日の疲れを取るための癒しの空間でなければいけません。

 

寝室(ベッドルーム)で過ごす時間は体を“眠りモード”に切り替える時間になります。リビングが「活動の場所」であるのに対し、寝室(ベッドルーム)は「休息の場所」。リビングと寝室(ベッドルーム)ともに同じく蛍光灯のライトを設置しているご家庭も多いのですが、寝室(ベッドルーム)で蛍光灯の強い光を受けるのは、眠りモードへの切り替えを阻害するため望ましいものではありません。

 

人生の三分の一を占めるといわれる睡眠。質の良い睡眠がとれる寝室(ベッドルーム)にするには照明選びが大切な要素の一つです。

光源が直接光を受けないようにしましょう

寝室(ベッドルーム)の照明で一番に気を付けたいことが「光源が直接目に入らない」ようにすることです。

 

寝室(ベッドルーム)に照明には、ベッド脇の低い場所に設置するフロアライト、あるい、天井や壁を照らすタイプのスタンドライト等の間接照明が最適です。

 

天井や壁に当たった光でワンクッション置いた光にすることで、寝室(ベッドルーム)を柔らかな穏やかな光で包まれるようになり、より睡眠への導入がスムーズになります。

 

間接照明の導入が難しい場合で、いま普通の蛍光灯をお使いのご家庭の場合は、蛍光灯を電球色(通常は青白いいクール色)に切り替えてみることをおすすめします。電球色で光量を落として使用すれば刺激の少ない柔らかな光を演出することができます。(オシャレではありませんが寝室であれば許容できます)

寝室(ベッドルーム)における間接照明テクニック

いったん天井や壁、照明器具のシェードなどに当って反射した間接照明の光が拡散し、吸収されて柔らかな表情になり、反射させることによって部屋にやさしい印象をつくり、癒しの雰囲気を与えてくれます。

 

部分的に使用することで、明るさの濃淡をつくり、全体に立体感を生み出す効果もあります。

 

また、壁や天井を照らすことによって、部屋全体が落ちついた感じになり、副交感神経に作用して、気持ちを落ち着かせ、心地よいリラックス状態を作ってくれます。

 

一日疲れた体を癒す寝室(ベッドルーム)にこそ間接照明を用い、寛げる空間にしましょう。

 

眠る前に布団の中で読書をする際は間接照明だけでは充分な明るさが望めないため、位置や角度が自由に調節できる読書灯などを併用するといいでしょう。

 

心地よい夜のひとときを過ごしたら、高ぶった神経も次第に落ち着いて自然と眠りにつくことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集