ダイニングの照明テクニック

ダイニングで役立つ照明テクニック

居心地の良さと食事や会話を楽しめる空間演出を

ダイニングルームの照明には、料理をおいしく見せる光源を選びましょう。視覚は“おいしさ”の大切な要素です。

 

ダイニングルームには、ゆっくりと食事ができる居心地の良さと食事や会話を楽しめる雰囲気のある照明がおすすめです。

 

光源の種類によって“おいしさ”や居心地の良さが変わってしまうため、ダイニングルームに適した照明を選びましょう。

 

白熱灯の光は蛍光灯に比べ、あたたかみのある優しい光で陰影がはっきりし、色を忠実に見せてくれるためお料理に立体感をもたせる効果があります。ガラス食器を輝かせる効果もあるため料理をより美味しく見せることができます。

 

蛍光灯は全体的に青白く、のっぺりとしたフラットな感じになるため、ダイニングテーブルを照らす照明は、白熱灯の照明器具をおすすめします。

ダイニングにおける照明テクニック

ダイニングルームの照明で人気のペンダントライト。

 

ペンダントライトには、ダイニングテーブルの上に光を集め、集う人々の意識を集中させる効果があります。

 

ただしペンダントライトを設置する際の注意点がいくつかあります。

 

ダイニングテーブルとペンダントライトの位置がずれると、見栄えが悪いうえ、ダイニングテーブル全体に光が行き届かなくなります。ペンダントライトはダイニングテーブルの中央にくるように設置しましょう。

 

また、高さも重要です。高すぎるとまぶしさを感じ、低すぎるとダイニングテーブルの端まで光が当たらず、影ができてしまうため、せっかくの料理も引き立ちません。ペンダントライトの高さは、ダイビングテーブルから60〜80cm程度がベストと言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集