間接照明 不眠症対策

間接照明は不眠症対策に効果|間接照明テクニックと商品ガイド

夜間の強い光は不眠症や睡眠不足の原因に

日本人は欧米人に比べ、睡眠不足や不眠症に悩む人が多いと言われています。

 

日本人がストレスを受けやすいことや体質的な側面もあるのかもしれませんが、夜間の照明の強さも要因のひとつと言われているのです。

 

日本では、部屋の天井に付いているのは蛍光灯。夜間では煌々と点灯させていることが多いと思います。この光景は日本では当たり前ですが、欧米では直接照明よりも間接照明を多用し、日本ほど明るい部屋というのはあまりありません。欧米の人が日本の家庭を訪れると、あまりにも明るすぎると感じるようです。

 

人間の体は本来夜間に強い光を受けることを想定していません。特に夜9時以降に強い光を浴びると体が日中と勘違いし緊張状態が続き、眠りの妨げになってしまいます。

 

この夜間の明かりの強さが日本人が睡眠不足や不眠症に陥りやすい要因とも考えられます。

 

睡眠不足や不眠症対策にお悩みの方は、夜間の強い光を避け間接照明でゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

また間接照明にはストレス解消効果もあり、ストレスが低減されればリラックスした状態で睡眠に入れますので、一石二鳥です。

間接照明で安眠空間を作り上げよう

いったん天井や壁、照明器具のシェードなどに当って反射した間接照明の光が拡散し、吸収されて柔らかな表情になり、反射させることによって部屋にやさしい印象をつくり、癒しの雰囲気を与えてくれます。

 

部分的に使用することで、明るさの濃淡をつくり、全体に立体感を生み出す効果もあります。

 

また、壁や天井を照らすことによって、部屋全体が落ちついた感じになり、副交感神経に作用して、気持ちを落ち着かせ、心地よいリラックス状態を作ってくれます。

 

間接照明を上手に使って安眠空間を作りましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
間接照明の効果 間接照明テクニック 間接照明ランキング 照明用語集